1. >
  2. >
  3. Amazonの成功で広まった「ロングテール戦略」

Amazonの成功で広まった「ロングテール戦略」

リスティング広告に必要?ロングテール戦略って何だろう

リスティング広告を行う際に最近よく聞く言葉として「ロングテール」という言葉があります。
リスティング広告とはインターネットで検索する時に利用する検索キーワードによって上位表示される広告のことですが、こうした仕事に関わる人にロングテールは重要なワードとなるのです。

ロングテール戦略はうまく利用することで成功にも導きますし失敗になることもあります。
Amazonが成功したことで大きく広まったといわれるロングテール戦略とは何か、まずはロングテールの意味を知ることが必要でしょう。

ロングテールとはどういう意味なのか

商品をインターネット通販などで購入できるようになりお買い物がとても楽になりました。
販売する側としてもたくさんの商品をネット上で紹介できるため、ヒット商品を作り大量販売するということだけに依存せず、多種多様な商品を幅広く販売して利益を得ることができます。
いわゆる「ニッチ商品(どんなに勧められても必要ない人は買わない商品のこと)」でも幅広く販売し利益を得ることができるという経済理論をロングテールというのです。

ロングテール戦略とも言われるロングテールは、Amazonがこの商法を利用し大成功を収めたことで世間に広く知られるようになりました。
商品を幅広くそろえるにはその分固定費用が必要になる、そのため売り場に出す商品の選択眼が必要だった時代から固定費用をかけずに色々な種類の商品を売ることができる時代になり、ロングテール戦略が生まれたのです。

ロングテール戦略の例を見てみよう

実は塾などもロングテール戦略がはまりやすいといえます。
子供が少なくなっている中で塾は過酷な生徒獲得競争が起きていますが、その中でロングテール戦略を利用して獲得数を上げることが可能です。
この塾ではWEBサイト上で紹介し契約に至った数は悪くない状態ですが、サイトにユーザーが訪れ広告が表示される数「imp」が芳しくない状態となっています。

塾が駅も近くということを塾のポイントとしているなら、駅名から検索する人たちを獲得することを念頭に塾名を知っているエリアを中心に近隣の駅や地名を調査し、そのエリアに集中して登録を行うなどのロングテール戦略を打ちます。
これによって駅名からの検索数が増え「駅名か検索した人たちを獲得」できた、こうした成功例もあるのです。

ロングテール戦略のメリット

ロングテール戦略を行う中でロングテールキーワードを登録する際、入札の競合が少ないことでCPC(Cost Per Click クリック課金型広告の効果に対する評価指標 1回あたりのクリック料金のことをいう)費用が低い可能性があります。
またニッチワードに関しては元々興味がある人以外購入しない商品なので検索数事態が少なくなりますが、ニッチワードを検索している人にとっては必要な商品となるため検索でヒットすれば購入する意識を持っている層を獲得できるのです。

たとえ一つずつの広告のクリック獲得数が数件ずつであっても、ロングテール戦略で多数の手を打つことで結果的に大きな獲得数になるということもあります。
ロングテール戦略をよく理解しうまく利用すれば成功に導く戦略です。

ロングテール戦略のデメリット

検索される可能性が低いCTRが低いキーワードを多数登録しているため、アカウント全体の評価が低くなる可能性があり、多数登録して「ちりも積もれば山となる」を期待しても無駄なコストをかける可能性も出てきます。
検索されないキーワードをそのままにしておく訳にもいかずキャンペーン変更などを行う必要があるとオペレーションばかりがかかり生産性が落ちる可能性もあるのです。

こうしたことがデメリットとなりますが、ロングテール戦略の深い知識を持ち業務にあった使い方をすることで大きく成功することもあります。
まずはしっかりロングテール戦略とは何かを理解し、活かせるように知識を持ちましょう。

コメントを残す