軽貨物配送業を個人で!「AmazonFlex」のビジネスモデル

軽貨物配送業でフリーランスとして働く

軽貨物者を利用して荷物などを運ぶ配送業務に関しては、個人でライセンスを取ることで営業できます。
軽貨物なら普通免許で運転できることもあり女性も運送業に活用でき、しかもフリーランスなら自分予定で働くこともできるため「フリーランスの軽貨物配送業」が人気です。

個人で軽貨物配送業を営む働き方はAmazonFlexによってせけんに大きく広がりました。AmazonFlexとはなにか、また軽貨物配送業を個人で行う注目の働き方について知ると、非常に魅力ある働き方だとわかるのです。

AmazonFlexの個人で業務する軽貨物配送業とは?

注目のフリーランスとして軽貨物配送業が注目されていますが、これを広めたAmazonFlexでの働き方は非常に魅力があります。
Amazonの配送ステーションでお客様に届ける商品などを集めて、それをフリーランスの軽貨物配送業者が配達するという働き方です。

自分の好きな日程と時間で働くことができるので、お子さんが小さくて働く時間が思うようにならない人やご自宅に介護者がいる方などにも人気があります。
AmazonFlexの場合は2時間で配達できるエリアをブロック分けしてあり、1ブロック3,750円が基準です。
このブロックを選ぶことで働く時間と金額を設定し自分の希望時間で働くことができます。

自分が働ける日や時間を確認してモバイルアプリで働ける日と希望時間でブロック予約すればいいのです。
「前日までキャンセルできる」のでアルバイト・パートの雇用を希望される方にとって非常に便利な働き方となります。

AmazonFlexで軽貨物配送業を行う実例を見てみよう

2時間1ブロックで3,750円なので例えば1日に2ブロックなら1日4時間の勤務です。
1日で7,500円なので20日間働くことで15万、1日4ブロック働くことができれば1日15,000円で20日働くと30万となります。

燃料費や高速料金、車両に関するメンテナンスなどを行う必要がありますが、それでもしっかり稼ぐことができるのです。
時間制限があったり働く日を選びたいという人にとって最適な働き方といえるでしょう。

軽貨物配送業を個人で行うメリットとは

軽貨物配送料をフリーランスとして行う場合、軽貨物はマイカーとしても利用できます。
AmazonFlexではブロック予約をして働くことになるため、副業として行いたいという方にもおすすめです。
お子さんの面倒や家事が必要ない時間帯に2時間くらい働けるということでも、自分のスケージュールで動くことができます。
仕事の実績を重ねることでプラットフォームの中で評価も高くなるため、依頼する側も頼みやすくなります。

AmazonFlex以外にも軽貨物を利用したフリーランスの配送業務は、いくつかあり今増えているところです。
稼ぎたいという人は複数のアプリを利用して予約し、時間の隙間を作らない働き方ができるところもメリットでしょう。

軽貨物配送業を行うデメリットとは?

荷物を届けるという業務なのでお客様が留守の場合の対応など業務の仕組みや約束事をしっかり理解し守る必要があります。
計画性をもって自己管理して働く必要があるので責任感を持って行うことも必要です。

契約解除となる可能性を考慮して仕事を行う必要があるということもデメリットでしょう。
デメリットもメリットもよく理解してこうした仕事を行うかどうか、よく考える必要があります。