SF商法

悪質商法の典型例・SF商法

SF商法というとピンとこない人も少なくないでしょう。
これは、展示会や一時的な集会を開き、人を集めて詐欺にはめる手口です。

主に狭い会場を用意することで、逃げ場の無い状態で話を聞かせるのが典型的な手法です。
呼ばれた人は嫌でも話を聞かなければいけない状態になるため、一種のマインドコントロールに近い状態になると言えるでしょう。

典型的な悪質商法であるものの、被害の数が減らないのも現実です。
その理由として、最初のうちは参加者も美味しい思いをするからだと言われています。

安い金額で生活日用品を販売し、お得な気持ちにさせるのも、相手の思うツボな部分だと言えるでしょう。

どんな場所で行われるのか

SF商法は主に、空き店舗となっている場所や集会場などで行われます。
空き地などがある場所では、テントを張って開催する場合も多いとされています。

より逃げ場を無くすために、マンションの一室を借りて行う場合も挙げられます。
参加者には「特別に」と甘い言葉を並べ、うまく誘き寄せるのが主な手口です。

悪質な場合だと、地方の温泉施設で堂々と行われる場合も少なくありません。
お店側の許可を取らず、短時間で詐欺行為を働く部分を見ても、非常に悪質な手口だと言えるでしょう。

人を誘導する手口

安価で商品を購入した、という気持ちから、ついつい契約を結んでしまうパターンも少なくありません。
参加者を断れない状態に持ち込み、より高価な商品を買わせる悪質な手口となっています。

また返事や手を挙げる行為を周りと一緒に行っていたら、いつのまにか契約が成立していた場合も挙げられます。
断ろうとしても、「あの時元気良く手を挙げていたじゃないか」と恫喝されるパターンも考えられるため、なるべく冷静な態度を示すようにしましょう。

契約書を見るなり断ろうとしたら、態度や言動が変わり、脅してくる場合も少なくありません。
突っぱねようとしても、ガラの悪い従業員が奥から出てくる、なんてこともあるため注意が必要です。

怖そうな人

もし契約してしまったら

万が一契約をしてしまった場合には、期間内にクーリングオフをするのがベストです。
購入した商品を使ってしまった場合にも、クーリングオフができるので安心と言えるでしょう。

また契約内容や商品説明に虚偽の記載がある場合には、購入した契約の取り消しが可能です。
同様に恫喝された状態で購入した場合にも、心身喪失という理由から取り消しができます。

報復やそれ以外にも不安に思う部分があれば、近くの弁護士や消費生活センターへ相談しましょう。
詐欺の被害などに関して、知識のある人から説得されると、自然と安心した気持ちになれると言えます。