不動産業界について

不動産業界の近年、その業界はどんな風に経緯している?

近年、不動産業界は非常に好調といわれていました。
平成17年以降、また20年までは実に好調な数値でしたが、どの業界にも影響を色濃く残した平成20年秋、金融危機より不動産業界は低迷状態となっていました。

しかし平成24年アベノミクス、さらには消費税が上がる前に、高いお買い物を済ませる動きが高まったこともあり、不動産業界はぐっと持ち直しました。
住宅やマンション等、金額が張るものを増税前にしっかり購入しておこうという消費者が多く、そこで不動産業界も上向きとなったのです。

不動産業界については5つの事業領域があり、それぞれに働き、活動が異なります。
その中で利益システムも違いがあり、サービスや事業展開などをうまく行っていくことで、利益を向上させる可能性がある業界ともいえます。

開発・投資・管理などについてはどうなのか

不動産業界の中には開発事業を主軸とするディベロッパーと呼ばれる業務があります。
土地を購入し、建築物をたて土地を開発するという事業です。
この施設を販売もしくは賃貸することで利益を出しています。

賃貸による利益は個人や企業等に貸し出しを行い利益を得、流通においては売り手、買い手の仲介になり契約を成立させ、仲介手数料という形で儲けを得ています。

管理については建物の管理を、オーナー様から委託され、メンテナンス、清掃、また家賃の収集等を行います。
投資については投資家から不動産投資する費用を集めて建物を購入、それによって資産運用を行います。

この収益から投資家に分配し、投資家からは手数料をもらいこれが不動産会社の利益となるという仕事を行っています。

不動産業界のビジネスモデルにはどのようなものがある?

不動産業界のビジネスモデルについては、種類がありその種類によって事業形態が大きく異なるので、ビジネスのフィールドということを考えると非常に広くなります。
そのため、ビジネスモデルについてもこのフィールドの違いで大きく変わるという特徴があるのです。

不動産取引のオンライン化などが進むことで、この先、不動産取引がネット上で完結するという方向に動いていくのではないかといわれています。
そうなると、また不動産業界にも別のサービスが登場することも考えられ、不動産業界は大きく変化していくことが考えられる業界ともいえるのです。

この先、こうしたオンライン化が進むと予測されているため、不動産業者は各社それぞれがネットに関して力を入れていくことが考えられ、またIT関連資格やスキルを持った人の雇用が、不動産業界に多くなっていくということも考えられます。

電子化、オンライン化することで大きく変わっていきそうな不動産業界に、これからも注目が集まるでしょう。