電子マネー業界について

現金の代わりとして役立っている電子マネー

現金として利用できる電子マネーは、今私たちの生活の中に日常的な存在となっています。
あらかじめ現金をチャージしたカード、また登録したクレジットカードなどを用いて、自動引き落としすることで、スマホ、カードで電子マネーを利用することが出来ます。

現在こうした電子マネー業界は非常に発展しており、2001年に発行されたEdyを皮切りとして、電車に利用できるSuicaが利用開始となり、電子マネーの高い利便性が広く知られるようになったことで、全国各地、様々なサービスで利用できるようになっています。

コンビニやスーパーで利用できる電子マネーも今非常に多くなり、現金を使うよりもポイントなどがたまる電子マネーを利用するほうがずっとお得と、消費者はこの利便性を大きく感じ、利用者はどんどん増えていく状態です。

電子マネーのカテゴリは三つ

電子マネーといってもカテゴリがあり、そのカテゴリは3種類に分けることができます。
まずEdyの場合には、このシステムを作った背景に、企業が技術を証明するという目的があったため、独占専業系の電子マネーとなっています。

このビジネスモデルは非常にシンプルな造りとなっていて、手数料収入によって利益を得るというもので、非常にシンプルな電子マネーといえます。

Suicaの場合には、鉄道のチケットをもっと自由に便利に利用するということで、誕生したもので、チケットの代替商品という存在です。
PASMO、ICOCAなど、次々に私鉄企業などがこうした電子マネーを利用するようになり、システム的に同じということで、鉄道会社の区別なく利用できるのが特徴です。

チケットを電子化するということで駅員の人件費削減などを狙い、プラスアルファ機能として利用できるようになっているのがこうした電車系の電子マネーです。

コンビニ、スーパーで利用できる電子マネーは流通系の電子マネーで、同じ系列の店舗で利用できるということから、顧客の囲い込みを狙ったビジネスモデルといえます。
この流通系の電子マネーの場合、ポイントが付加されるため、消費者はよりお得に利用できるメリットがあります。

目的、利用できるところ、更に作られた背景などに違いがあっても、利便性が高く評価されたということに違いはありません。
この先、更にこうした電子マネーを利用する企業、団体は多くなっていくことが考えられます。

スマホ決済によってより広まった電子マネー

スマホが誕生し決済をスマホで出来るようになったことで、カードそのものが必要なくなり、スマホ1台で、各社のサービスを利用できるようになっている今、更にこのサービスが広がっていくことが考えられます。

スマホを持っていればお買い物に困らない、現金がまったく必要なくなるということは、まだ現代の日本で考えにくいのですが、この先、更に電子マネーが利用できるようになっていくことが考えれ、電子マネー業界はの未来は明るいと考えられるでしょう。