タイムセールはインターネットで行われる時代に

新しいマーケティング

スーパーなどでよく行われているタイムセールも、最近はインターネットを介して行われるようになりました。
インターネットでタイムセールを行っているのは、主にネットショップです。

特に、大手のネットショッピングモールに入っているテナントのネットショップで、タイムセールを行っているショップがよくみられます。

アメリカで最近行われているのは、ツイッターなどを利用してタイムセールを行うタイムセールなのだそうです。

このタイムセールは、別名フラッシュマーケティングとも呼ばれています。
フラッシュマーケティングは一般的に、ネットショップに商品を出品してから数時間以内、もしくは一日以内に商品を売り切ることを目標にした商法のことを指しています。

この商法の仕組みは、商品説明の画面に、販売終了までの制限時間を示すカウンターを秒刻みで表示し、現在どのくらいの商品の注文件数が入っているか、といったことを行い、「早く買わないと売り切れる」という焦りを消費者に与えて、購買意欲をそそるというものとなっています。

また、フラッシュマーケティングを行わない通常のネットショップのサイトでも、ネット上でのタイムセールを行うようになってきています。

これは、本日の特売と銘打った日替わりの特売セールをネットショップで行うというものです。
ネットショップで日替わりの特売セールを行う方法はきわめて簡単です。

変わり行く提供の品々

商品を買いたい人にショップのメールマガジンに登録してもらい、そのメルマガに特売品となっている商品が3割から5割引の価格で購入できるクーポンコードを記しておくだけで、簡単に特売セールを行うことができます。

商品を購入したい人は、メルマガに記載されている特売セール専用のクーポンコードを入力するだけで、3割から5割引の価格でその商品を購入することができます。

この特売セールは、特売用の在庫の注文がすべて受け付けられた時点で終了するようになっています。
しかしこういったセールはどんな商品で行えば効果があるかというと、必ずしもそうではないのが現状です。

セール

たとえば、パソコンや家電など、普通に販売しても利益水準が低い商品の場合は、特売にしても顧客の目を引きつけにくいのだそうです。

また、最近は特売セールのメールを乱発するネットショップなども増えてきており、これがスパムメール扱いにされてしまうという問題も浮上してきています。

こういった問題の対処法として、顧客にとって本当に価値のある商品の特売を行うという手法が提案されています。
これは、どこの商店でも購入できるような商品を特売にするのではなく、一般的な店舗ではなかなか購入することができないブランド商品を購入できるという特売をすることで、多くの顧客を引きつけようというビジネスモデルです。

こういったビジネスモデルは、商品を購入したい顧客には会員登録をしてもらい、会員登録をした顧客だけに通常の5割から7割引でブランド商品を販売するというシステムになっています。