ツイッターやスマートフォンなどで着実に顧客を誘導する

情報をイチ早く

最近は、ツイッターやスマートフォンを駆使した、迅速な情報伝達をテーマにしたビジネスモデルが着目されているのだそうです。

スマホ

このビジネスモデルが注目を集め始めたのは、地震などの災害が多い日本ならではの背景がありました。
深夜にいきなり地震があったとき、テレビをつけてもすぐに情報が表示されないことがしばしばあります。
テレビの地震速報に頼る場合は、数分後にやっとテレビ画面に速報が流れるのが関の山です。

しかし、インターネットなら状況が違ってきます。特にツイッターの場合は、地震が発生したらわずか数秒で地震の発生時刻はもちろん、震源地はどのあたりか、マグニチュードはどれくらいか、といったことまで表示されます。

このようなことから、今や日本では、ツイッターが災害の速報をいち早く知るための情報系のサイトとして多くの人が活用しています。

携帯電話でも、インターネットや携帯の電話がつながる状況下であれば、ユーザーが投稿した。状況であれば、地震や台風といった災害名で検索すれば、他のユーザーが投稿したこれらの災害の被害状況を確認することができるのでとても便利なのだそうです。

また、最近では、よりリアルタイムな最新情報が欲しいというインターネットや携帯のユーザーからのニーズが特に高まっています。

こういったニーズが特に高い分野は、CFDや FX、株式投資といった、すぐに市場の状況が一変してしまう業界です。
こういった業界では、一瞬のうちにチャートが乱高下してしまい、数分、あるいは数十秒単位で大きな利益や損失が出てしまうこともしばしばあります。

時間を意識したサービス

このため、市場の状況をリアルタイムで把握したいというニーズが投資家の間で特に高まっているのです。
市場の状況がリアルタイムでわかれば、市場の動きに冷静に対処することができ、株や通貨などの売買の判断を誤りにくいからです。

こういったことが投資での損失を隔日に抑えることにつながります。
また、投資の業界でなくとも、リアルタイムで素早く情報をキャッチしたいというニーズはあるそうです。

検索窓に打ち込まれたキーワードに対して、より質の高い情報を表示するパソコンの検索エンジンは、もともとリアルタイムの情報や、最新情報を表示するのには向いていないと言われています。

そこで最近登場し始めたのは、より良質なリアルタイム情報をユーザーに提供しようというサービスです。
このサービスは、週末に開催されるセールなど、短期決戦でより多くの集客をしたいというニーズのある店舗向けのものとなっています。

このサービスでは、消費者にリアルタイムで開催中のセールの情報を提供することにより、さらに多くの集客をすることを目指しています。

セール中の商品がまだ買えるかどうか、あるいはもう売り切れてしまったのか、といったことが出かける前にわかれば、消費者により効率的なサービスを提供することできますし、セールに行くかどうか迷っている消費者も引きつけることができます。