敷金も礼金も、住宅ローンも要らないを提供する商法

需要ある住宅ビジネス

住宅関連の業界では、現在、敷金も礼金も住宅ローンもいらないという、全く新しい商法で顧客を引きつけています。
この商法は、持ち家に住む年数が少ない都市部の人たちをターゲットにした商法で、賃貸住宅のサービスをより利便性を高めたものにブラッシュアップしています。

住宅街

日本の都市部では、同じ家に住み続ける人は意外に少ないのだそうです。

都市部では同じ家に住み続ける年数は平均20年前後といわれています。
これは、賃貸住宅に住んでいる人だけではなく、持ち家に住んでいる人を含めての平均年数なのだそうです。

50年以上にわたって同じ家に住んでいる人は、都市部ではわずか5%未満にとどまっています。

このような状況の背景には、昔よりも会社の転勤が多くなったということもあります。
せっかくローンを組んでマイホームを持っても、その直後に会社から遠方への転勤を命令され、泣く泣く持ち家を手放さなければならなくなる、ということはよくあるケースなのだそうです。

転勤の多い会社に務めている人は、たびに家を売却したり、また買い替えをするなどの余計な手間がかかり、かえって賃貸住宅に住むよりもコストが割高になってしまうこともしばしばです。

そこでこういった人達の負担を軽くしようと新たに考案されたのが、従来よりもさらにプランを充実させた賃貸住宅のビジネスモデルなのだそうです。

住み手を考えた方法

こういったプランには、数年の周期で仕事の環境が目まぐるしく変わる、エグゼクティブ層のビジネスマンを対象にしたものがあるそうです。

この賃貸住宅のプランは、普通のマンションやアパートを借りるというイメージとは全く違ったもので、高級賃貸マンションが賃貸の対象となっています。

しかもこのプランは、仕事の都合上、何度も引っ越さなければならないというビジネスマンにも配慮したものとなっています。
この賃貸住宅のプランでは、礼金や敷金が一切かからないようになっています。

さらに契約の単位も非常に細かく設定することができ、最短で一か月から契約することもできるのだそうです。
また、毎月かかる水道料や光熱費、インターネットの回線の料金も、月々の家賃に含まれていますので、入居者は家賃以外に余分なコストを払う必要がありません。

さらに、入居することができる高級マンションには、あらかじめ生活に必要な家具や、家電製品一式が備え付けられており、入居者は引越をするたびに家具を運んだり、入れ替えたりするという煩わしさから解放されます。

こういった賃貸住宅のサービスは、いわばマンスリーマンションのサービスの形態をさらに発展させたものであるといえます。

さらにこの賃貸住宅のプランでは、朝食のサービスや部屋の清掃、クリーニングの取り次ぎといった、痒いところに手が届くオプションサービスも充実しています。