YouTubeを使ったビジネスモデル

YouTubeを利用したビジネスモデル

皆さんの中には、YouTubeと呼ばれる動画配信サイトを利用した経験のある方も少なからずおられることでしょう。
無料でさまざまな種類の、数多くの画像や動画、音声を視聴したり、みずからの撮影、録音したものをアップロードしたりすることができることが特徴です。

動画をみる

簡単な登録の手続きを済ませることによって、みずからのIDとパスワードを使ってログインすることもできます。
上記のようなプロセスを経ることで、お気に入りの楽曲を再生リストへ登録して、自動再生機能を利用し、作業用のバックグラウンドミュージックとして有効活用することも可能です。

YouTubeは、動画を視聴したり、アップロードしたりするユーザーとして個人的に利用する他に、商業的な目的を果たすためにも有効に機能すると言われています。

見るだけでなく広告的な手法で関心、ニーズのある人はチェックしてみる価値はあるでしょう。
YouTubeのようなサイトは、個人で使っているだけでも面白いですから、それが収益に結び付くとなれば、まさに趣味と実益を兼ねることのできる、素晴らしいサービスであると言って良いでしょう。

最近では、ブログを運営するだけで、生活費を得ている人も存在するようです。
YouTubeをはじめとした動画共有サイトが好きなユーザーは、その趣味を活かして、生計を立てることを考えてみると良いかもしれません。

ここでは、動画広告の収益モデルについて解説します。

収益が得られる仕組み

YouTubeで収益を得るためのビジネスモデルは、主として広告収入になります。
動画を視聴する前に配信されるCMはその代表例でしょう。

例えば、アフィリエイトリンクを貼りつけた動画をアップロードして、収益に結び付けるという手法などが挙げられます。

再生回数による利益の仕組みについて考えると、見た人が多いサイトほど儲かるようにできています。
これはテレビと同様、視聴者が多ければ多い方がいいからです。

広告主は再生回数=広告効果にお金を払っています。

動画広告ビジネスは他にもある

動画広告ビジネスが成立するサイトはYouTubeだけではありません。
ニコニコ動画やアメスタ、schooなど、さまざまな媒体が登場しています。

中でもニコニコ動画(通称:ニコ動)はYouTubeと同じように、規模の大きいプレイヤーとして、数多くのユーザーに親しまれています。

ニコ動の場合には、YouTubeと同様、広告によって収益を得ることができる他に、プレミアム会員として登録するというシステムも存在します。

登録手続きを済ませると、ノーマル会員よりも拡張された、さまざまなサービスを享受することが可能となります。

ただし、プレミアム会員になるためには、所定の月額料金を支払う必要があります。
ニコニコ動画の月額課金制度は、ユーザーではなく、運営者が収益を得るビジネスモデルといって良いでしょう。

言い換えれば、動画を発信するサイト運営者側の立場から広告配信を行うのも収益を得られる方法のひとつになるかもしれません。

腕と才覚に自信があればYoutubeやニコニコ動画で稼ぐことはもちろん、配信者になるのも夢ではないでしょう。