卸売モデル

ビジネスモデルの中でも最も多いといわれている卸売モデル

ビジネスモデルの中で最も利用している企業、個人が多いというのが卸売モデルです。
商品開発を行うことなく、商品を販売するというビジネスになるので、自社で商品開発を行わないということを除けば、物販モデルと同様のモデルです。

自社で商品の開発を行わず、別の企業が開発した商品を販売するというモデルになるので、売れない商品を抱え込むということがなく、リスクが少ないという点、更に商品を開発することがないので、研究費用や開発費用などのコストがかからないという点、更に流行商品のみ販売するなど考えればいいので品揃えにしても変更が簡単です。

ただし自社で作っている商品ではないので、別の企業から購入する必要があり、その分利益率としては少なくなるということ、商品提供元がこうした売り方をしてほしい、この金額で売ってほしいと限定されることが多いので、自社の意志がきかないということ、別の企業も同じ商品を販売することが予想されるので競争が激しいという点も特徴です。

卸売モデルは価格競争型のモデルになりやすい

卸売モデルの最もリスクとなる点はどのようなことになるか?というと、やはり別企業も同じ商品を販売するため、競争が激しくなるという点です。
独占で販売することが出来る商品は別として、一般的な商品、特に人気がある商品や消費者の注目度が高い商品となると、別の卸売モデルを採用している企業も販売する商品となることが多く、ここで出てくるのは価格競争です。

商品を開発している企業からこの金額で販売することが条件と一定の金額、同じ金額での販売となる場合でも、ほかの企業と差をつけるために、例えばおまけ商品をつけるなど、別のコストをかけて売るという手段も考えなければならなくなります。

価格はこのくらいからこのくらいの間で・・・という商品の場合、消費者はよりやすいところで購入しようとするので、販売しているほうとしては価格を下げて大量に販売するか、それともその商品がほしいと思うユーザーに向けて広告し、より多くの消費者を得る工夫をするほか、競争に勝つことが出来ません。

ここで考えておきたいことが、より早く流行となっている商品、またこの先、売れていくであろう商品を見つけ販売するという商品の目利きとスピード感です。
価格競争型になる前に、より早く売れる商品を見つけてほかの企業よりも先に販売を開始する、このサイクルがうまくいけば、常に新しい商品を販売する企業として消費者はそのお店、サイトから商品を購入しようとします。
出遅れないようにしっかりとこれから先「くる」商品を見極める目、商法収集力が卸売モデルを成功させる要因となるのではないかと思います。