スマートフォンのアプリ開発で業績を上げる方法とは

有料と無料アプリ

近年、スマートフォンのユーザーの数が急増していることに伴い、数多くのスマートフォン向けのアプリが開発されるようになりました。

現在アメリカでは、毎年16万以上ものスマートフォン向けのアプリが開発されているといわれています。
このようにスマートフォン向けのアプリの開発の数が多いのは、ユーザーが多いということもさることながら、参入の障壁が低いということが挙げられます。

アプリを開発しようという気になれば、法人はもちろん、個人でもアプリを開発して出品し、利益を得ることができます。
ある大手のスマートフォンの会社では、審査を通過して所定の手続きを行えば、誰でも出品をしてアプリを販売することができるようになっています。

またこの大手のスマートフォンの会社では、自社のスマートフォンのアプリを自分で開発することができるツールを無料配布しているため、プログラムの知識がある人なら、自らアプリの開発を手掛けることも可能になっています。

アプリを開発するだけという段階なら、お金はかからないようになっています。
このスマートフォンの会社では、アプリを販売するときだけ年会費を支払う必要がありますが、この金額は1万円と安価であるため、アプリの販売においては資金面で困ることは、まずないそうです。

このように、この大手のスマートフォンの会社では、アプリをとても開発しやすい環境をユーザーに提供しているため、わずか2年で10万本ものアプリの資産を築くことができたのだそうです。

こういったビジネスモデルは、ヒットを飛ばすアプリをいち早く得たいというスマートフォン会社の思惑を見事実現したものだといえるでしょう。

最近は、サイトの運営者やネットショップの経営者などが、ユーザーに利便性を提供するスマートフォン向けのアプリを制作して配布するという機会も多いようですが、この場合も、スマートフォン会社の審査を受けて認定された開発者にその制作を依頼することにな
ります。

しかし無料アプリではあまり大きな収益が見込めないため、大手のアプリ開発会社はなかなか開発に取り組めないのが現状のようです。

無料アプリの開発に取り組むのは、個人のプログラマか小さな企業が手掛けるといったことが多いそうです。
有料アプリを開発して販売する場合でも、ある程度のダウンロード数が見込めないと収益が得られないという難点があります。

iPad

有料のアプリがヒットしたといえる水準は、だいたいダウンロード数が1万件を超えた程度になるそうです。
しかも、有料アプリを開発しても、ヒットするという保証はどこにもありません。

挑戦の数

従ってこの方法でも、なかなか利益を上げることができないのが現状です。
このため、スマートフォンの有料アプリの開発でもそれを本業にするまでもないと考えている開発者がほとんどのようです。

このようなスマートフォンのアプリ開発の業界で着実に利益を上げていくには、手間をかけて単価の高いアプリを開発するより、とにかく次々と新しいアプリを開発して世に送り出していく方がヒット作を生み出しやすくなるそうです。

ただしこの手法が成立するのは、アプリ市場が成熟するまでの間だけだそうです。
バイク買取の業界においても、成熟しつつある買取市場の中で生き残っていくために、より質の高いサービスを顧客に提供していくことが求められています。