スマートグラスを用いたビジネスモデル

スマートグラスとは?

皆さんは、スマートグラスと呼ばれるアイテムが存在するのをご存知でしょうか。
スマートグラスは、電脳メガネとも呼ばれ、メガネをかける要領で、頭部に装着して使用するウェアラブルデバイスのことを意味します。

光学技術によって誕生したデバイスであり、目の前にスクリーンが現れる仕組みになっています。

スマートグラスは映画やテレビ、PVを楽しむことができます。
また、インターネット接続もできることが特徴です。

「BT-200AV/BT-200」というシリーズはエプソンから発売されています。
企業の紹介としては運動中に映像を視聴したり、カフェテリアでくつろぎながら、情報検索をしたりすることができるようになるというものでした。

カフェ

ただ、スマートグラス自体が登場してから間も無いために、これから先、どのような使い方が登場するか、開発したスタッフの間でも明確には分からないというのが実情のようです。

使用者が使い道を考えることで今後の展開が決定されるかもしれません。
したがって、どのような商品に進化するのか未知数です。

技術に対してアイディアが追いついてくるという状況でしょう。

スマートグラスとアプリケーション

スマートグラスは軽量でありながら、アプリケーションを多数装備しています。
30万画素のカメラやGPS機能などが搭載されています。

内蔵しているセンサーとアプリが連動しており、アプリをダウンロードするだけで幅広い機能を持ったツールに変身するという仕組みになっています。

たとえば、スマートグラスでゲームをプレイすることもできます。
巨大なスクリーンはリアリティも抜群。
迫力ある世界観を楽しむことが可能です。

音楽や音声を聴くための高品質なサラウンド環境も実現。
見るだけでなく、耳でも楽しめるのが特徴です。

スマートグラスの構造と改良

スマートグラスは、ヘッドセット部とコントロール部から構成されております。
ヘッドセット部は、市販されているメガネの上から装着することもできるよう、設計されています。

イヤホンを利用して音声を聴くこともできます。
さらに、製品に同梱されている2枚のシェードを使い分けることにより、映像に集中したい時、端末の映像だけではなく、周囲の景色も確認したい場合など、TPOによって異なる方法で利用することが可能になりました。

スマートグラスのこれから

スマートグラスはメガネ型ディスプレイであり、2013年の見立てでは世界45万台の販売予測が挙げられました。
恐らく2016年頃には1,000万台規模が出荷されるのではないかと考えられており、増加傾向にあるビジネスであることは言うまでもありません。

スマートグラスのカギを握るのは、ハードよりもソフト面だと言われています。
魅力的なアプリの登場によって、今後飛躍的に生産・出荷台数が増加するでしょう。

未来的なツールの普及はすぐそこかもしれません。