小売モデル

ビジネスモデルも様々です

最近はインターネットなどで有効的なビジネスモデルが注目されていますが、業種別のビジネスモデルも様々です。
私達に一番身近な業種といえば、小売業があります。
ただ身近な小売業もあればまったく関連性のない小売業もあるため、小売業といえば全て同じビジネスモデルになる、という事もないのです。
業態、扱うものによってそれぞれ特徴がありますので、ビジネスモデルにも違いが出てきます。

例えば販売に関していえば、自社販売という形と賃貸契約方式という形があります。
自社販売というのは仕入れの仕方によって異なり、買取り、委託、売上といった仕入れがあります。
もちろん、小売業は集客する事、商品がお客様に売れてこそ成り立つものなので、販売促進など積極的に行い、店舗を拡大する、また利益の上がらない店舗に関しては閉店する等の措置が必要です。

販売、広告、そしてポイントなどのシステム

商品を販売する、その前により消費者のニーズに合った商品を選ぶために情報収集を行い、データ分析する、その上で販売する商品を選択し、商品を売るための販売促進、広告などを行い、顧客に商品の魅力を伝えるという事も大切です。

更に商品を購入してもらった方がまたこのお店でお買い物をしようと考えてくれるように、ポイント制度などをうまく利用して、顧客にお店の付加価値を知ってもらう事も大切なことです。
商品選び、販売、そして広告、さらにポイントシステムの導入など、これら一連の流れが、小売業のスタンダードといえます。

お中元やお歳暮など季節のイベントに沿った販売戦略も必要

日本には、お正月、ご挨拶に行く際のお土産から、お中元、それにお歳暮など季節、股マナーに沿った贈り物が必要になりますし、お祝い、またその返礼品など、贈り物を用意する習慣があります。
結婚式に関しても仏事に関しても、引き物が用意されますので、季節、イベントなどに応じた販売戦略を講じるのも、小売業として大切なことです。
商品をより多く引き物や贈り物として利用した頂くために、目新しい商品から定番商品まで品物をそろえるという事も重要な事ですし、トレンドを知っておくため情報を常にチェックしておく、という事も大切なことです。

小売業のビジネスモデルは、現代、インターネットが登場したことで大きく変わってきています。
これまで地域の方々に対する販売というイメージが強かった小売業ですが、これから先、ネットを活用する事で、商売が全国区になるという事もあります。
ビジネスモデルを構築し、業務をどのように広げていくかを考慮すれば、小売業はこの先、伸びしろの大きな業務形態になると考えられます。
様々な分野で活躍できる業態といってもいいでしょう。