航空会社のビジネスモデル

LCCに関する情報

業務出張や旅行など、ビジネスやプライベートのさまざまな都合、事情によって、航空機に搭乗される人も居ると思います。
飛行機は他の交通手段と比較して、チケットの料金が高いというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。

飛行機

しかし、少しでもリーズナブルな航空券を入手したいと考えるのも人情というものでしょう。

料金と安全性の両立という願いを叶えるためには、LCC(格安航空会社)を利用するのも良いでしょう。
LCCとはローコストキャリアの頭文字をとった略称。

読んで字のごとく、安さを売り物とした航空会社のことを示します。
しかし、従来の航空会社と、どこが違うのか良く分からないという方がおられるかもしれません。
LCCの特徴やメリット、デメリットなどについて解説します。

LCCのチケットが安い理由とメリット

まず、LCCのチケットはなぜ安いのかという疑問から見てみましょう。
LCCでは運賃を少しでも安くするために、さまざまなコスト削減対策を講じています。

一般的に航空会社は旅行会社をはじめとした複数の流通経路を設けています。
したがって、中間マージン分が航空券に上乗せされており、料金が高くなっているのです。

LCCでは消費者にチケットをダイレクト販売することによって、従来であれば流通会社などに支払うべき手数料を節約しています。

基本的には、早い時期に予約した方がリーズナブルな料金で購入することができます。
ただし、消費者のニーズや予約の状況が変動することにより、チケットの値段が変わるケースも存在します。
キャンセル待ちなども含めて、料金の情報収集に敏感になって損はないでしょう。

さらにLCCではキャンペーンやバーゲンセールが実施されることもあります。
通常よりも安い値段で航空券が販売される可能性も少なくありません。

常にタイミングを見計らって、チケットを購入するのも、LCCで航空券を買う時の醍醐味と言って良いでしょう。

まだまだある!LCCの魅力

いわゆる格安航空券や、PEX航空券の場合、往復設定であるケースが多いです。
しかし、LCCの航空券は片道で売られているのが通常です。

行きと帰りとで別々のチケットを利用したり、ご自身の希望に応じて航路を変更したりするという希望もあるでしょう。
フレキシブルに対応できるのもLCCの魅力です。

ネット購入もできる航空券

LCCは従来の航空券と違い、わざわざ店頭に出向いたり業者に手配を代行したりする必要もありません。
すべてインターネット上で予約できてしまうのです。

負担が減るというメリットもありますが、オンラインであるがゆえにコストダウンができているという側面もあります。
業務工程を削減することが新しいビジネスモデルを担う理由のひとつなのです。

LCCは航空券の新たな購入方法。
オンラインショッピングの発展に伴い、今後もますます普及することでしょう。
リーズナブルに海外旅行をすることも夢ではなくなるかもしれません。