健康業界ビジネスモデル例

健康食品ブームの中注目される健康業界ビジネスモデル

日本もそうですが、世界的に見て健康食品ブームです。
そのため、様々な業界、個人が健康食品系のビジネスに参入しています。
健康食品系のビジネスも、展開には様々な方法があり、健康食品を製造販売する生産販売モデルや、契約先から健康食品やサービスを仕入れ、それを販売するモデル、健康食品系の商品を集めて、無料コンテンツを作成し集客し、広告費用で収益を上げるという広告モデル、一つのコンテンツを作り、雑誌や本など別の倍チアに加工する事で、新しく価値を見いだすワンソースマルチユースモデルなど、たくさんの方法があります。

健康分野にかけて専門家を融資、専門家に対して商品を広告したい企業に対して美辞なすを行うモデルもありますが、やはりどの分野でも関係してくるのが、販売促進と、購入者のニーズに沿った販売展開だと感じます。

欲しいと思う人が手に入る情報を

例えば健康業界の商品というと、若い人向けの商品、またある程度年齢を重ねた人向けの商品があります。
若い人向けの商品は美容的な要素も含んでいて、年齢を重ねた方々向けの商品というと、現在の自分の身体をよくしたいから利用する商品と、健康を維持するための商品に分けられます。

こうした商品が欲しいと思う人が、その情報を見つけることができる販売促進が必要なのです。
若い人は、パソコンよりも現代は、タブレットやスマートフォンから情報を得る機会が多いです。
年齢を重ねた人の中にも、タブレットなどを駆使して情報を得る方がいますが、それよりもパソコンの大きな画面で商品を選ぶことが出来たり、雑誌でじっくり内容を知る事が出来る商品を購入します。

となると、広告媒体も違いが出てきます。
若い人向けの商品はパソコンでもタブレットでもスマートフォンでも、快適に閲覧できるサイト展開が必要ですし、お年寄り向けの商品については、パソコンなどに展開するとともに、雑誌や新聞広告などにも掲載が必要です。
情報が欲しい側が、情報を得る手段を理解し、いつでも情報を検索できるような情報提供の構築が必須となるのです。

売って終わりでは満足しない

健康系商品、サービスの場合、売って終了では収益を維持できません。
困ったことや聞きたいこと、相談したい事等をいつでも連絡できるサポートがあってこそ、その商品をそこで購入しようと考えます。

最近はこうした健康系商品のサイトに、薬剤師や専門家のサポートが得られるところも出てきています。
自分の身体が不調なとき、また健康を維持するために購入した商品について、いろいろ相談できるサービス、サポートしてくれるサービスがこれから先、必須となっていくでしょう。