駅中のファッション

好調な駅ナカビジネス

鉄道の駅、高速道路のパーキングエリア、サービスエリアなどを拠点として、ビジネス活動を展開するケースも少なからず見受けられます。

例えば、「駅ナカ」と呼ばれるビジネスモデルには、一定の成果を上げている部分も存在します。
いくつかの問題点を抱えていましたが、現在では対策も立てられています。

駅ナカでファッションを販売する店舗も少なくありません。
今回は駅ナカファッションビジネスと題し、この問題点と解決策についてご紹介します。

改札

ターゲットを絞り込み過ぎないこと

駅ナカビジネスが全国各地に、数多く登場する中で、オリジナリティを活かした店舗やサービスに対する消費者のニーズが高まっていることも否めない事実であるようです。

いずれは消費者に飽きられて、駅ナカビジネスが衰退する可能性もあり、既に対策が立てられているのです。
飽和事態に陥るのを未然に防ぐためには、購入する側の人間が、選択する自由度を高めたり、独自性を追求して、他店との差別化を図ったりすることが必要です。

例えば、そのエリアの特産品だけではなく、他の地域でも定番となっている商品も取り扱うことによって、消費者の選択肢が広がるのではないかと思われます。

都心部では珍しくなくなりましたが、大手衣料品店を駅の構内に構えているケースもあります。
旅行時に衣服が足りなくなってしまったという時など、有効活用している方も少なくないようです。

幅広い層を想定してビジネスを行うことがカギを握るでしょう。

オリジナリティを追求すること

先ほど述べたこととは相反する部分もありますが、他のエリアや店舗には無い、特色のあるサービスや商品を用意することによって、差別化を図ることが可能になります。

駅や高速道路では地場産業展のようなものを行っているケースも少なくありません。
他との差別化を図り、オリジナリティを追求したところも存在します。

たとえば、地場産業で作られたお店が参入するというケースでは、「記念に」と購入してくれるユーザーも居るのです。
独自性のあるビジネス実践するため、駅ナカの店舗を運営している鉄道会社や、入っているテナントのスタッフの創意工夫が行われています。

これからの課題と取り組み

現在のところ、駅ナカビジネスは、一定の成果を収めています。
しかし、どのようなビジネスでも言えることですが今後衰退するというリスクを抱えています。

これから先、より一層競争が激化した時に、厳しいサバイバルを生き残るためには、新しいアイデアをどんどん出して、実行に移すだけのバイタリティや行動力が求められることでしょう。

今までと同じビジネスでは失敗すると考えている方も少なくありません。
現在は好調でありながらも、さまざまな問題を抱え、常に改善を続けている駅中ファッションビジネス。
オリジナリティと間口の広さを併せ持つことが大切でしょう。