B級グルメのビジネスモデル

B級グルメがブームとなっている理由

昨今高い人気を誇っているB級グルメ。
ご当地を盛り上げるイベントになっていることも少なくないようです。

屋台

日本全国における数多くのスポットで、地域の特色を活かしたバラエティ豊かなものが登場しています。

B級グルメブームが到来し、今もなお続いている理由を考えてみるのも、なかなか興味深いでしょう。
もはやスタンダードとも言えるほどのトレンドを生み出していますが、各地域で販売する商品があっても、他社との差別化を図るためには、戦略や戦術に注意を払うことが欠かせません。

B級グルメビジネスを成功させる

B級グルメ戦略を練る上では、店舗の立地条件や経営規模、のれん、社名、屋号といったものが問題になってきます。
さらに経営における戦術を論じる際には、商品の魅力や集客効果、販売のノウハウ、営業テクニック、価格設定、固定客、リピーターの獲得といったことが重要になるでしょう。

しかし、戦略的差別化の条件を満たすためには、長い期間にわたって培われてきた歴史や伝統、実績が必要とされるため、一朝一夕にどうにかなるものではないことを覚えておきましょう。

一方、戦術的差別化を図るための施策は、既存の店舗が、即座に着手できるものも少なくありません。
ユーザーのハートをキャッチできる広告手法を実践することにより、B級グルメの開発や販売だけではなく、店舗や企業を活性化させることができるかもしれません。

消費者の心を動かすという目的が果たされれば、興味本位で来店したお客さんを、実際の購買活動をする気持ちにさせたり、リピーターとしたりすることも夢ではないでしょう。

B級グルメは二種類に大別される

テーマをB級グルメに関することに戻しますが、この種のメニューには、大きく分けて、二つのパターンが存在することを覚えておかれると良いでしょう。

まず一つ目は、その土地では、古い時代から日常的に存在したメニューであったものが、何らかのきっかけによってクローズアップされ、地元以外のエリアにB級グルメとして波及してゆくケースが存在します。

地元の人たちにとっては、当たり前のように存在するメニューが話題となり、何がめずらしいのか分からず、戸惑われるケースも少なくないようです。

B級グルメが普及するには、のれんや規模といった戦略的差別化の要素が関係してきます。
このようなタイプのB級グルメとしては、久留米のやきとり、静岡の餃子などといったものが挙げられます。

次に、町おこしや地域の活性化などといった目的を果たすために、キャラクターの利用や有名人とのタイアップなどの戦略を用いて、積極的に商品を売り出す場合もあります。

たとえば、まさカリーパン、あいがけ神代カレーなどがあります。
あらかじめビジネスモデルとして地域を盛り上げることを想定しており、マーケティングのもとに生まれた商品だと言えるでしょう。

どちらが流行るかは一概に言えません。
時代の流れや広告戦略も大きく影響するからです。

いずれにしても大切なことは、「B級グルメを通じて地域を盛り上げたい」と思う、強い意志ではないでしょうか。
経営戦略や広告活動の情熱に応援したくなるという方も少なくありません。

町おこしを求める方や、それに賛同する方に対して誠心誠意のアプローチをしましょう。