広告モデル

広告を活用するビジネス

私達が新商品を知る手段となるのは多くが広告です。
テレビ、雑誌の広告、店頭での広告など、様々な媒体から様々な情報を仕入れます。
ビジネスモデルの中でも、広告モデルというのは、非常にシンプルなもので、宣伝したいものを広告出稿の場にお願いし、費用を払って広告してもらうというモデルです。
ウエブなどではもっと複雑な広告ビジネスのモデルがありますが、本来、非常にシンプルなものです。

ただ他のビジネスモデルと広告モデルは違いがあります。
例えばマッチングモデルに関してもフリーミアムモデルに関してもビジネスの主軸となるものですが、広告モデルの場合、主軸のビジネスモデルにならないという点です。

サポート的存在のビジネスモデル

ある商品を売り出したいと考えるお店があり、そのお店が広告会社に依頼し、商品の広告を出してもらった、すると評判は上々で商品がかなり売れるようになった、しかし、商品にあきがきたり、商品に魅力を感じない人も出てきます。
消費者がすでに飽きてきているのに、同じように広告を継続していたら商品は売れず、広告の意味が無くなります。

しかし売っている業者はそれに気が付かず、結局高い広告料を支払うだけになる事もあります。
そうならないように、広告ビジネスはあくまでもビジネスのサポートモデルだと考えておく方がいいのです。
本業では売れる商品の開発に奮闘する、そのサポートとして広告モデルがあるのです。

新しい分野の広告モデル

インターネット上に展開する広告モデルで面白いものがあります。
例えば口コミサイトですが、老舗口コミサイトにYelpがあります。
このサイトは、都市部などの一部の情報だけではなく、地域情報、つまりローカル情報を提供しているサイトです。

あの、大手すぎる大手、Googleが買収しようとしたとき、「断った」という事で大きな話題になったあの、老舗検索サイトが「Yelp」です。
ローカル口コミ情報を提供しているという他にはない詳細さが売りで、このサイトこそ、新しい広告モデルの成功例といえるでしょう。

ニュースサイトに広告を募り広告料を利益とすし、ユーザーには無料でニュースを見せるという際とは非常に多いのです。
ニュースや情報サイトに広告を掲載、その広告も即効性があり付加価値の高い広告を載せる事が多く、のせる方、のせてもらう方、双方に、成功すれば利益が発生するのですから、大きな利益になる事も多く、こうしたインターネットに関する広告モデルが今一番注目されているモデルといえるでしょう。

この先も、広告モデルは幅広く広がっていくでしょうし、また新たなサポート的な手法が登場する可能性もあります。
アイデア次第で様々に広がっていく情報をしっかりつかんでおくほうがいいでしょう。